[an error occurred while processing this directive]

2005年04月26日

【パッション】

(DVD)2004/米・伊/メル・ギブソン
ただただ痛いだけの映画でした。そこらのスプラッタ映画もどきのスプラッタ(;_;)。いやもー、スプラッタ映画はそのスプラッタを見せよう!というのがテーマの一つなんで良いんだけど、この映画はそれがテーマじゃないでしょう。演出やら筋立てやらそんな風に作られてないじゃないですか。それであのスプラッタ…。
 なんであんなにしちゃったんでしょう。監督の自慰行為見せられている気分(凄い言い方だな、私(^^;))。クリスチャンだけを対象にした映画ならまだ良い。でもこれはそうじゃないのでしょう? キリスト教のことを、あるいはイエスのことをよく知らない人だって対象なんじゃないんですか?そう言う人達が見てはいけない映画ではないのでしょう? それなら、そんなにイエスのことが描きたかったのなら、そう言う、「よく知らない人達」にももっともっと伝わるように描くべきではないのだろうか。
 わたしはキリスト教には詳しくはないです。上っ面なことは知っているけど…聖書も一応読んだことはあるけどねえ、物語として読んだので新約より旧約の方がセンセーショナルで面白かったな、という、その程度です…ただそれだけです。そんな人間にも「おおおお、凄い」と思わせるような何かが映画作品として必要なんじゃないのかしら。「ああ、知ってることがそのまんまだわー」と見ていて思ったのでイエス受難の有名なエピソード(と言っていいのだろうか(^^;))に関しては結構忠実に映画化されているんだろうけど、ただそれだけ。監督はこの映画で一体何が描きたかったのよ。それがもの凄く疑問に思える映画。聖書を忠実に映像化するだけでは、映画としては全然なっちゃ無いものになるでしょうに。テーマというものが必要なんじゃないんですかね。

 ともかく痛かった。痛いだけの映画だった。イエスの描き方もそのまんまだし、ユダの描き方ものそのまんま。イエスを糾弾し十字架にかけろと叫ぶ群衆(ユダヤ教の司祭達)もそのまんま。それなら聖書読んでた方が良いんじゃないのかい、と思える映画でした。なんでわざわざ映像で痛いの見なきゃならんのだ(^^;)。

SayaT at 2005年04月26日 15:27
コメント
スパムが多いのでコメントは停止しています。