2003年09月24日

【ウェールズの山】

(DVD)1995/英/クリストファー・マンガー
原題「THE ENGLISHMAN WHO WENT UP A HILL BUT CAME DOWN A MOUNTAIN」。イギリス映画。邦題より原題直訳の方が良いねえ、と思います。あ~面白かった。ほのぼのくすくす、ところどころでしんみり。ラストには大笑いさせて貰ったし。アホか、と言うような題材なのに、見ていてアホかとはならないどころか、良いなあ、と思ってしまいます(深読みをすれば、人間が生きていくことの原点が描かれているような気もする。でもそんな深読みしなくても良い映画だとも思う。素直に見て素直に笑って素直にしんみりすればいいのだろうと思う)。
 ウェールズの風景が実に美しく、流れる音楽も郷愁を誘い、何ともかんとも素朴な人々が笑いを誘う。時代は戦時下で、人々はそれぞれ重いものを背負っているのんだけど(実際若者は村にはいない。残っている若いもんはみんなワケあり)、それは隠れていて見えない。でもそんな時代だからこそ、こんな村だからこそ、みんな一生懸命。いや、良い映画でした。…イギリス映画って結構好きだな。大人しくて地味目だけれどイヤミが無くて、すとんとこちらの胸の内に落ちてくる。(2003/09)

SayaT at 2003/09/24 | Comments [0]

2003年09月14日

【ドラゴンヘッド 】

(劇場)2003/日/飯田譲治
映画の特別割引券5枚綴りをネットで購入。それを受取に某映画館に行かねばならぬので、ついでに映画を見てくるか、何を見ようか、と言う話になって、現在上映中のタイトルを読み上げていたら、横から「ドラゴンヘッド!」という大声が上がりましたので、見てきました、ドラゴンヘッド。私としては、「閉ざされた森」が見てみたかったんですけどね。「廃墟」と「世界の終末」という言葉に惹かれた中学生次男坊の希望でドラゴンヘッド観賞に決定。
おばさんにはダメですわ、あれ。中学生の次男坊が楽しんだのかどうかは不明ですが…。おばさんというか、大人の観賞には堪えられませんわ(^^;)。何が描きたかったんだか全然分からない映画でした。私にとってはいわゆる「金返せ!」映画、でした。映像が凄い、と言う話もちらと聞いてたんですけど、いまひとつ。小さい画面の上映場だったせいかもしれませんけれど、でも、私には今ひとつ。最初のトンネルの中のシーンがまだ一番ましでした。先日、レンタルビデオでバトロワの1を見たんですけどね(何を思ったのかダンナが借りてきたので、相伴観賞)、あちらの方がずっと良かったなあ。「人間」がまだちゃんと描けていたような気がします。

 マンガが原作らしいのだけど、もしかしてマンガをそのまんま映画化したんではないかな、とか思ったりして。マンガで読んだらまだ面白いのかもしれないなあ、とか。いや、いま、フラワーズと言う少女漫画雑誌で似たような状況設定の漫画が連載されているんですが(「セブンシーズ」、だったかな)あれ読んでる方がずっと面白いやー。きっと、このドラゴンヘッドもマンガで読んだら面白いんだろうな、映画化に失敗したな、と思ったのです。映画と漫画は違うから、映画にするんなら話を映画用に大きく作り替えていかないといけないよねえ。…マンガの方は未読ですから(評判も知らない)、私が勝手にそう想像しているだけですけれど。 (2003/09)

SayaT at 2003/09/14 | Comments [0]